糞腹立つわぁ・・・

何か速度落ちた?と思いエラーチェックを走らせ外出。

帰宅してみると・・・

実作業ドライブに代替処理が発生・・・

 

まぁ仕事で使っているドライブなんでエラーが出ようが出まいが半年から1年で問答無用で交換してるけど、

このタイミングかい・・・

まぁバックアップは取れてるので問題は無いけど、

データ移動→HDD交換→物理フォーマット→データ入れなおしは凄い時間かかる・・・

イラっと来るわ・・・

 

まぁ急ぎの仕事や作業、

いわゆるケツカッチン案件が無いのがせめてもの救いだけどね・・・

 

そしてさっきまでyuさんと秋葉にいたのでHDD買っておけよワタシ・・・怒

である。

 

 

By,Otoya


これが今回最後の声編集

昨日はど〜も21時くらいに疲れて寝てしまったらしい。

起きたら朝6時だった・・・

 

で、

起きたら最後の音声編集データが来ていたので作業をしていくと。

 

まぁいつもど〜り声編集プロジェクトを開いての作業。

 

今回はABCDの4人分の調整だんなだけど、

普段は基本Aとか1とかから作業してくのが基本だけど・・・

Dのみ少し普段と違うとの事なので今回はDから進めていくと。

 

とりあえず今回は150トラック程度。

まずはいらない頭の余白を目視で確認して削除。

その後全てのトラックの頭を手動で合わせると。

数が多いのでけっこ〜めんどくさい・・・笑

 

 

まぁど〜〜〜〜んなに遅くても昼には終わってるでしょ〜

あ、少し出かける事になったんで出来るのは夕方かな〜

 

 

By,Otoya


新しいMixも(2)

定期的にやっているHDDのエラーチェックが続いてるので先に文章で。

 

ちなみにコレはサンプリングでアンピ無しのドライな単発ドラム用の設定ね。

 

まず作業の流れの説明として書いていくと、

モノラルで全ての太鼓をバランス取っていくと。

この時点で完璧に作りこまなくてOK。

で、

キックのかぶりを作るならキックをミュートすると。

アバウトにつくるならコレでOK。

 

ちなみにワタシが仕事でやる場合はここから作りこむと。

まずキックのマイクからの距離を計算して他のパーツの音をずらす。

ずらす幅は3ms以内。

3msは距離で言うと1M程度なんで、

キックのマイクで拾う一番遠い音でも1M以内にはあるのでこの数値になる。

ハットやスネアなら1〜2msでクラッシュシンバル類が3Ms程度が目安。

距離にあわせてパーツの音量の微調整もすると。

(キックのかぶりを作成する場合はスネアの音量はトップ下げ目のボトム上げめで)

 

コレをモノラルで吐き出す。

吐き出したテイクはキックかぶりとして再度プロジェクトに取り込み、

Recをしているルームを意識してリバーブをかけてキックとバランスを取りバウンスして1トラックにして吐くと。

このリバーブのかけ具合で空気感も変わる。

(場合によりかぶりトラックにゲートをかけて小さい音量を消す事もあり)

ここでのバランスは生ドラムRecの経験が無いと厳しいのでまぁ色々試してみてくれればなと。

 

 

コレを全パーツでやると!

パーツ数が13こならこの作業を13回やると!!

糞めんどくせぇぇぇ!!!ってなるでしょ・・・

 

こ〜ゆ〜糞地味なことの積み重ねが最終的なクオリティに繋がると。

 

何でこんな事するの?とか思うかもしれないけど、

生ドラムはかぶりを出来るだけカットしてクリアで分離良く・・・

これはどちらかと言うと打ち込み臭くすると言う事で、

ぎゃくに元から分離していてクリアな打ち込みを濁らせてかぶらせて生っぽくする・・・

まぁ編集とは割りと逆説的な作業をしていくワケですよ。

 

 

写真や参考音源は実作業ディスクのエラーチェックが終わったらUPする!!

かもしれないししないかもしれない・・・笑

 

 

By,Otoya


新しいMixも(1)

昨日新しい曲のデータも来ていたのでMixもしてかなと。

 

関係無いけど本業でのほ〜のデータで弦楽四重奏の生データが届いた。

が!!

さすが先輩タイトルが”国籍四重奏”って書いてあった!

ナイスセンスである。

 

さて、

今日は打ち込みドラムの特殊な処理を。

まずはいつもど〜りMixプロジェクトに取り込んでいくと。

 

取り込んだらパンは触らずにボリュームだけでバランスを取っていく。

まぁモノでバランス取るのが難しい場合は普通にパンでバランスとってもOK。

後でリカバリ可能なんで。

プラグインは一切使わずに取り込んだ生音をボリュームだけでバランスを取る!!

これがこの段階での一番のポイントである。

(こっから糞めんどくせぇんだよなぁぁぁ・・・)

 

今回何をやるかと言うと”かぶりの合成”である。

打ち込みなのにかぶり?と思う人は生ドラムレコ経験も無ければ編集経験も無いと思うので出直して来い!と。

 

かぶりは生では邪魔になるので減らしていくけど完全に消すことはほぼ不可能なので、

生でマルチマイクで録音したドラムのテイクには必ず大なり小なりかぶりは存在すると。

なので打ち込みでもそのかぶりを合成してやることでより生っぽく聞かせることが出来る!とね。

 

帰宅はしたけど作業ドライブを現在エラーチェック中なんで続きはも〜少ししてそれが終わったらかな〜

 

 

(2)に続く

By,Otoya


反則だ!!

ではなく販促のページを作ることに。

 

昨日は・・・ってか今日朝三時まで参加者様何人かとスカイプで盛り上がる!笑

で専用の販売ページを作ることに。

 

近々参加者様の都合が合えばまたみんなでスカイプで話すのも面白いかなと。

 

言うまでも無く作るのはWebの鉄人Kazu先生である!笑

(完全な丸投げね!笑)

 

話の流れとしては・・・

よし!販促ページ作るぞ!!(Kazuくんが)

先生やっちゃってください!

(どこの時代劇だよ・・・)

的ないつもの流れね・・・笑

 

 

で、即こんな感じでHPの下書きを出してくれると!

 

いや〜やっぱ出来る漢は違いますな〜

みんなこれからは尊敬と畏怖と笑いを込めて”鉄人Kazu先生”と呼ぼう!!

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


↓↓CD通販↓↓

↓↓パーツ、エフェクター通販↓↓

mobile

qrcode

others