テレキャスターP-90用ブリッジ

見積もりが来たのでそろそろ試作品制作開始かな〜

 

P-90の入る穴のRの調整とかあるかもなので、

まずは1〜2個の試作品から作成して現物合わせで調整、

とりあえず1本組み込んでみて問題なければ量産かな〜

 

で、ハムバッカーバージョンとミニハムバッカーバージョンも作ると。

何にしろ楽しみである。

 

続きは試作品完成後と言うことで。

 

 

By,Otoya


ある意味漢仕様!笑

ダウンチューニング用のギターが必要になったんで何か用意しようと。

ここ数年はレスポールをあまり弾いてなかったのでレスポールは無いかな〜とか思ったけど、

昔の自分の竿ででレスポールにスペシャツTブリッジのがあったなと!思い出し引っ張り出すと。

(昔はレスポールシェイプしか弾いてなかったけどね・・・笑)

 

コレね。

 

うん。

さすがV系時代の遺産・・・見事な漢仕様である!笑

当時誰が好きだったのかが一瞬で分かるスペックってすばらしいな〜

やっぱレスポールシェイプはかっこいいな〜〜

などと思いつつボディを磨く。

 

まぁリアはハムにするのが妥当かな〜

ブリッジは裏通しなんでテンション的には通常のレスポールよりはあるので、

ダウンチューニングしてもレスポール的な弦のテンションよりはあるかなと。

(PRSに近いかもね)

 

まぁ問題はスペシャルTブリッジで今はこれ生産終了。

機能的には何の問題も無いけど個人的にはクロームパーツにしたいので何とも・・・

まぁ気にしなければOKなんだけどね。

 

ペグが無いのは前に全ての竿をロック式に!の時に外してハードケースにしまっておいたからである。

 

念のため指板研磨からのリフレットかな〜

 

コイツを改造して今日買ったギターをケースに入れれば置き場的には1本置けない!ですむか・・・

逆に新しいのも外に出しておくと2本置けない・・・

無理!!汗

 

 

By,Otoya


マスタリングしていきますか・・・(7)

昨日はゆっくり寝たのでマスタリングの続きを。

 

今回は聞かれたのでサイドブーストについて。

サイドブーストによる音圧UPは、

ザックリ書くとMS処理でサイドだけを取り出して個別処理、

その後同じように個別処理したミッド成分と混ぜてから音圧上げる方法と。

まぁサイドで必要ない帯域を削ったり突いたり、

逆にミッドでは必要ない帯域を削ったり突いた、

で全体のバランスをとって圧を上げるってイメージ?

 

まぁ分かりやすいかは保障しないけど書いてこかなと。

 

まずWaveLabでステレオファイルをMSに分割。

上のオレンジがM(ミッド)成分で下の黄がS(サイド)成分に。

 

こんな感じでサイド成分の音量を上げることも出来るけど・・・

それだけで済ますと位相がおかしくなるのでやりすぎは禁物。

 

 

ミッド成分をミュートしてサイド成分だけを再生しつつサイド成分にのみエフェクトをかけると。

基本サイド成分は中高域中心の音作りを。

まぁ曲によるんだけどこんな感じかね↓

 

で、サイド成分の必要ないローはバッサリカットね。

 

基本的に同じエネルギー量なら人間の耳は中域より高域と低域が小さく聞こえるって特性があるので、

そこを逆手に取って圧を上げていくのでサイド成分では低域は削って高域を上げると。

これは雑な説明だけど、

ベースやキック等の低域楽器は基本中央は位置でMixしてあるものなのでサイド成分には無い!って扱いで切ると。

 

ミッドは逆に中域を上手く出す感じで処理。

その後は前回書いたようにサイド成分が大きくなっては不自然なトコをエンベロ書いて下げると。

だいたい下処理がこんなもんかな〜

で、

この後の段階でMasterRigでトリートメント。

基本的にマスタリングでの音圧UPには安易にマキシマイザーは使わないでマズはEQで!

って気持ちが大切かなと。

 

ここまでがちゃんと出来ていれば最後にマルチバンドマキシマイザーを軽く挿しただけで十分圧は出るかなと。

個人的にはthresholdが-2〜3db以内で済ませればキレイになればOK。

この範囲内で圧出ないならMixに問題ありなんでやり直しかなと。

(↓は−0.5dbね)

ちなみに最後をマルチにしてるのは、

帯域的に何もしないでOKならそのままでOKだし、

帯域ごとに少し上げ下げが必要な場合マルチだとラクだから!である。

 

最近の主流はEQでキレイに揃えてマキシマイザー系を極力使わない!なのかなと。

まぁ安易にマキシマイザーを使うと圧が上がって完成した気になってしまい、

よく聞くとダイナミックスが死んでる・・・があるので注意かなと。

 

まぁそれ以前にマスタリングするならまず機材と電源環境が一番重要なんだけどね。

たま〜に腕があれば機材なんて!とか発狂してる輩がいるけど、

逆だから!

プロの場合は腕や技術はあって当たり前!

その上で良い環境で作業!となるので、

音楽制作において機材のレベルは最終クオリティに直結ってのは覚えておくべきかなと。

 

それと個人的には音楽的な作品はMixまで!

マスタリングはMixの延長では無くあくまで音楽を商品にするための作業!と思ってるので、

個人でマスタリング込みで考えて作品を作ってる人とは根本的にベクトルが違うかなと。

でもまぁこれは商業音楽を経験してる人じゃないと分からないかなと。

 

 

そ〜言えば、

最近は本物しらない子達がヨウツベとかのI/O比較とかで今の安いI/Oでも良い音!とか言っての見るとね・・・

ヨウツベはラウドネス規制もあるしそもそも生の音ではないので比較にすらならないのに、

それに気付かず機材の重要性より安さで選ぶ。

ホントに安い機材で商業用の最高のものが出来るならみんな安いのにするよ!笑

業界だって今はバジェット減らしたいトコ多いんだからね〜

 

雑誌レビューとかでプロの現場でも使える!とか書いてあっても、

実際にプロの現場で見ることは無いと!笑

わかるでしょ?これが真実で現実ね〜

 

まぁ何にしろ知らないというのは哀れな事だなぁ・・・と思う今日この頃。

これがデフレの怖さって奴ですか?汗

もちろん安くても良いものはあるから高い物だから良い!では無いんだけど、

それと同時に"安かろう悪かろう”や”安物買いの銭失い”って言葉の意味も知っておくべきかなと。

なんでも安さ基準!ってのはホント良くないと思うのよね〜

 

 

By,Otoya


マスタリングしていきますか・・・(6)

今日は昼間完成したCDを取りにKANA-Eさんが来てビールくれた、

寝起きすきっ腹にもらったビールをがぶ飲み・・・

とりあえずCD渡して携帯のの修理のために近所のyuさん家へ。

その後昼寝して起きたら・・・

う〜ん
なんかやる気が出ないので調子が悪い??とか思ったけど・・・
少し冷静に考えたらやる気が出ないのはいつもの事なんでまぁ平常運転かなと。

 

処理中の曲で一箇所気になったので修正を。

今回は音圧を出すためにサイドブーストを使ってるけど、

構成的に広げてはならにところがある。

そこのサイド成分だけエンベロープで書くと。

 

こ〜ゆ〜細かいこと忘れると後で痛い目にあうのでしっかりと。

 

懲りずにまたギターを買ってしまったのでそれの調整もしないとな〜

 

 

By,Otoya


怒りが有頂天ですよ〜

はぁ・・・

前に書いためんどくさい後輩君からまたわけのわからない相談が・・・

 

先輩そろそろ夏なんで自分短パンが似合う男になりたいっす!!相談乗ってください!!
と。
まぁこの時点でワタシのイライラゲージは鰻登りですよ・・・

 

で、
おい、
ワタシが短パン似合うと思うか?と言ってやったら、

 

あ〜
ぜんぜん似合わないっすよね!(笑)
と言う後輩・・・

 

だったら聞いても意味無ぇ〜だろ!!怒
と言ってやたら・・・

 

あ〜なるほど!
さすが先輩頭イイっすね!参考んなりました!
あ〜ざ〜す!
と言って去って行った。

 

あ〜〜〜
超絶イライラする!!!怒

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

recent comment

  • "KL Gather music Vol.2" ボカロCDコンピ第二弾の募集
    金澤 広行

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others