半分終わった・・・

組み込み始めて気が付いたら時計の短い針が一周してました・・・

 

3SのテレはS-S-P90で落ち着いた。

 

2Hにするなら素直に別の竿にすれば良いし、

何よりS−Hの黒レスポールがあるのでコイツはあくまでストラトを意識したスペックにすべきかなと。

 

で、

完成ね。

見た目はこんな感じ↓

 

マスターボリュームにフロントTBXのセンタートーンってコントロールで、

セレクターはF、F+R、S、S+R、Rの5点。

(この配線をする場合セレクターは2回路5接点が必要で普通の5Wayでは不可能)

もちろんハーフトーン時はハムキャンセル効果あり。

トグルスイッチはブースターでEPブースターの回路を元のコイツ用に調整して組み上げた。

イメージ的にはONにすると音量が10〜20%くらい上がる感じかなと。

 

 

ボディ内に入れるのでこれでも500円玉よりチョイ大きいくらいのサイズと。

Gainは固定で軽く出力が上がる程度で、

どちらかと言うとリアのP90以外で使うのがメインかなと。

 

ってかS-S-P90はマジで超実戦的!!

ストラト使いの人には是非試してみてほしい一品ね。

さすがSUGIZO様仕様!笑

 

次はレスポール2本に7弦RGか・・・

あれ??

後2品だと思ったら3本じゃん・・・

半分終わってないじゃん・・・

 

 

By,Otoya


まだまだまだ組み込み・・・

とりあえずPG板の在庫があったので、

2ハムでレバースイッチ仕様のピックガードも制作。

コレでPRS配線のリアダイレクトも可能。

まぁS-S-P90にするかこの2Hにするかはまだ未定。

とりあえず両方のPGを制作しておけば気が向いたら即組み込めると。

 

次はレスポール。

とりあえずいつものCTSのポットで基礎配線。

今回は自分用のスペックではないので極端なシールディングはしないと。

Toneのコンデンサはウィーマー223で信号線にGE(ジェネラルエレクトロニクス社)の1950年代のヴィンテージ、

アース線はモントローズの1940年ヴィンテージ。

どちらも状態最高のNOS(ニューオールドストック)である。

ちなみにワタシはToneはハムの時でも500Kではなく250Kを使う派。

 

コレはこだわりでは無くたまたま在庫の中でスグ手に取れたのでコレ!笑

まぁこの組み合わせで悪い音は絶対にしないので問題は無いかなと。

後はセレクターに行く線とセレクターからジャックへの線はレスポールらしくシールド線を使おうかなと。

あ、

ジャックは言うまでも無くスイッチクラフトである。

 

 

あ〜そ〜言えば曲のデータも来てたのでそろそろMixの準備も始めないと。

今月は本業のRecや曲出しもあるので中々に忙しい。

 

 

By,Otoya


まだまだ組み込み・・・

次はP90ジャガーを。

 

コイツはDave氏が欲しいと言うのでそれに合わせて調整。

調整と言ってもフロントのプリセットスイッチのカットだけなんだけど・・・

まぁそれが糞めんどくさいと・・・笑

 

とりあえずPUを外して配線を外して・・・

で、

プリセットコントロールのカットは無事終了。

この部分はピエゾの切り替え&コントロールになる可能性ありと。

後はPU乗せて終了。

 

まぁ何だかんだで楽勝ね。

 

 

次はバーニーのレスポールタイプ。

 

紫に見えるけどメタリックブルーね。

コレはDave氏にあげる用で組んでいたけど、

ジャガーがあるなら別に必要無いと思うので・・・

これからギターを始めたい!って人がいたらプレゼントかな〜

まぁちゃんとガチで組むので下手な初心者用のよりはぜんぜん良いと思う。

 

 

By,Otoya


まだ組み込み・・・

仕様を検討していた3SのテレキャスもP90に改造することにした。

 

まずは現物合わせて削るところをマーキング。

 

シングルコイルは1度だけならP90に変更可能。

ハムへの加工と違い前のシングルの穴がはみ出したりとかもしない。

もちろんリア以外でも可能ね。

な・の・で・・・

もし同じ加工を楽器屋で頼んだとして、

新しく作らないと出来ないからピックガードオーダーで!とか言われたたら、

それはぼったくられてる証拠だぞと!笑

 

 

 

で、加工が完了するとこ〜なると。

 

とりあえずPUをマウントして確認。

 

まぁこの加工は散々やってるのでトリマー無しの手作業でもジャストに楽勝で出来る。

 

今回はPUではまったく悩まなかったけどPUカバーの色で迷うと・・・笑

 

元々このテレにはクラプトンと同じMBXとTBXが入れてあったんで、

実はノイズさえ気にしなければ元々メタルも可能な仕様。

でもさすがにP90でブーストは自爆以外の何者でもないので、

MBXは外して最近評判が良いEPブースタ系を入れるか、

それともブースト系はいれずにブリッジ下にアンダーマウント型のピエゾを入れるか・・・

が最後の問題と。

 

ブーストにしろピエゾにしろ絶対に必要と言うわけではなく、

ただ電池Boxを彫ってあるので何かしら電池を使うものを入れたい!!

ってだけだったりもする・・・

 

いっそ全てEMGでSA、SA、P81でもよい気がしてきたなぁ〜

 

 

By,Otoya


とりあえず組み込み終了

迷っていたセンターPUをマウントして今の黒PGで組み上げてみた。

 

こんな感じね。

やはりセンターが付くと違うかなと。

 

 

ってか完璧にセンター出してるのに写真だと曲がって見えるのは撮りかたなのか??

 

フロント=DP167S(ディマジオ)

センター=TEX-MEX(フェンダー)

リア=DP167S(ディマジオ)

で落ち着いた。

 

TEX-MEXとテキサススペシャルで最後まで悩んだけど、

トータルバランスを考えて今回はTEX-MEXに。

PUの巻き方向や極性も完璧に調べて選んでいるのでハーフトーン時はハムキャンセル効果あり。

 

ってかギャリプレーションセットではないのでバランス取るのがかなりシビア。

オマケにP90は高さ調整がダルいと言うオマケ付き・・・

 

PUセレクターは普通のストラトと同じでF、F+S、S、S+R、Rの5点で、

トグルスイッチがONになるとPUセレクターの位置に関係無く問答無用でリアが鳴ると。

これは一種のプリセットスイッチの役割をはたしていて、

ワタシのよ〜にレスポール暦が長くストラトタイプのセレクターでは瞬時に任意のポジションで止められない人には便利である。

 

 

音的には何の問題も無いんだけどホロウボディなので若干ハウリングが気になるかなぁ〜

現状はバズストップバーは付けていないけどテンションを強くしたほうがハウリング対策になりそうならマウントしようかなと。

ちなみに仕込み角も計算してネックポケットもトリマーで加工してあるので現状で弦落ちは無い。

(まぁムスタングのブリッジだから!ってのもあるけどね。)

 

とりあえずこれで少しの間様子見かなと。

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

奏-Label Twitter

奏-Label チャンネル

奏-Works チャンネル

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


↓↓CD通販↓↓

↓↓パーツ、エフェクター通販↓↓

mobile

qrcode

others