次のアルバム用の曲02

今回も"金魚鉢"の続き。

 

まずStylus RMXで気に入ったパターンをモノ/パラで吐き出し。

↓こんな量になります・・・

 

 

そこから使いたい音を切り出して配置。

まぁカットアップオーディオって手法ね。

↑のサンプルだけだとこんな感じ。

 

 

これの元のドラムを足していくわけでしす。

 

キック、スネアはコピーしてもの凄くエフェクトかけます。

キックはEQ→Ampシミュ(Fuzz)→サブベース→Gate・・・的な感じで。

スネアはまずJJPかかな〜

 

ハイハットはモジュレーションで、

空間系も色々と・・・・

まぁザックリとだとこんな感じ。

 

 

いい感じに歪んできたなと。

歪んだキック、スネアは原音との混ぜ具合でバランス取ります。

まぁ歌のパラコンと原理は同じかなと。

 

次はベースの処理か。

 

 

By,Otoya


台詞の編集(歌や台詞のノイズ02)

台詞の編集ってど〜してるの?と聞かれたので・・・

個人的に基本としてる事や後輩に教えてる事でも書いておこうかなと。

 

まぁワタシは物書きではないので文章はテキト〜だけどね・・・

 

さて、

まず最初に注意点として・・・

明確な目的が無いのにとりあえずでノーマライズはす・る・なっ!!

からかなと。

 

下の画像はノーマライズでは無く波形を拡大して表示してるだけ。

(Cubaseの場合は右上赤丸部分で拡大可能)

 

本来はこれ↓

 

ピーク検出型のノーマライズでは限界があるので、

とりあえず音大きくしたいから!でノーマライズはおすすめしません。

(たま〜にノーマライズは音質変わらないという人もいるけどホントか?笑)

 

特にネット有志を募ってる企画とかでは録音環境がまちまちなんで

可能なら役者さんにデータを吐くときに32Bitで吐いてもらえば良いのですが、

なかなそうも行かないので・・・

 

台詞録音時クリップ対策でマイクのGainを下げて録音するなら後で調整は必須、

そこでノーマライズでの音質の変化が少ない32Bitは極めて有効なので、

32Bitで吐き出せる人は覚えておくと良いかな。

 

なぜ32Bitが有効なのか!?は、ココ見てください。

 

次はノイズカット。

これは前に書いたので重複になるんで端折りますが、

まず赤丸の無音部分のノイズ削除から。

 

リダクション系で消しても良いのですが、

個人的には波形で切りますしリダクションよりおすすめです。

(リダクション系はエフェクターを理解して無いと音痩せさせるだけの場合もあるので)

ただ、切った前後は必ずフェードをかけること!!

でないとプチっとノイズが出る可能性あり。

 

 

切り終わるとこんな感じ。

 

歌とは違うのでブレスの部分は絶対に消さない。

(この時点では)

息遣いって重要なんで、

歌の感覚でここはブレス無いほうがよいな!とかはありえないので、

(MIXとかしてる音楽系の人は無意識に切ってる可能性も・・・)

 

歌の処理と台詞の処理は作業工程的には基本同じなんだけど、

取捨選択のポイントが違うので、

音楽系の人で編集する人は、

あくまで”似てて非なるもの!”と思ったほうが良いかなと。

 

歌と違いS/Nよるノイズのマスキングが出来ない場合も多いので、

最初のノイズ処理の重要度は歌よりシビアと思ったほ〜が無難。

 

 

ちなみに台詞を小分けで切るのは、

それぞれ音量を個別に上げ下げ出来るのと、

切った場所の左右移動で”間”の調整が出来るから。

台詞は間の取り方で表情が変わるし、

アニメの場合は表情修正、口パク修正とどちらが良いか?

と検討になる場合もあるので・・・

ここら辺はまぁ決定権のある監督やPと話しながら調整かなと。

 

後、コンプはどんな感じで使いますか?

とかも良く聞かれますが、

コンプやノーマライズより本来はヴォリュームの上げ下げだけで何とかなるのが理想。

EQは100から下、20Kから上のカット程度でOK。

(ここで使うEQは上記の帯域を削れるシェルピングのパラメトリックEQなら何でもOKかなと。)

 

 

後は台詞全体の音量とかの話とかマイクの使い方とか位相の話か。

 

まずはTV、ゲーム、映画・・・

とにかくスピーカー経由の物(録音→編集を通ったもの)は全て決められたダイナミックレンジの中での事!

ってのをまず理解すべき。

 

文章で表現はムズかしいんだけど、

殺される直前の断末魔の悲鳴と、

耳元で囁くような声が同じ枠の中に収まってる!

って事を理解してるとして無いでは解釈も変わるので・・・

(例えば同じ空間にいた場合悲鳴なら大きいから耳を塞ぐし、

囁きなら聞こえるように聞き耳を立てるのが本来は自然、

でもそれをTVやゲームなんかで再現してたらボリュームコントロールが手放せなくなる、

またはスピーカーの前にコンプ挿すしか無いでしょ?笑)

 

昔、TVやゲームとかの音声は”自然に聞こえる不自然”であるって先輩いエンジニア言われたなと。

 

次はマイク・・・

個人的には台詞録りは無指向性コンデンサーマイクでオフマで・・・

が理想かなと。

もちろん単一指向性のコンデンサでOK。

まぁダイナミックでも良いけど、

ライブ中の歌じゃないのでグリルに口付けて・・・

なんてのは言うまでも無く問題外。

”近接効果”や”吹かれ”ってのも知らななら調べて理解しておくべきかなと。

 

マイクプリのGAIN設定はクリップするくらいなら少し手前で!で、

個人的には程度にもよるけどクリップを消すよりはクリップして無い小さい音ノーマライズのほうがマシかなと。

(でもノーマライズするなら吐き出しは32Bitでほしい・・・)

 

ポップガードも布か金属かで音変わるし、

防音されて無い部屋でも吸音でルームチューニングは可能!

(そもそも”防音"とは遮音、吸音、制振の複合効果だって知ってる?)

本気でプロ目指すならイントネーションは常に気を使え!

とかまぁ色々あるけど・・・

 

あ、おススメのポップガードはコレね。

 

まぁ何にしてもちゃんと書くとクソ長くなるので・・・

気が向いて時間出来たら続きを書く事もあるかな程度で。

 

 

By,Otoya


次のアルバム用の曲01

アルバム用の曲"金魚鉢"はRec終わってたので、

これは即MIXしてショートVerをUPでもしますかね〜

ちなみにワタシの頭の中のこの曲のタイトルは・・・

オニキンメ改(By,ダライアス)である。

 

 

淡々としたループ曲?なんでVoは珍しく少なめ。

 

ボカロで歌詞も入れてあるので、

アルバム前にボカロVerをUP予定。

 

まだ確定ではないけど挿すエフェクトは・・・

Vocalバス(ステレオ)

1、H-EQ

2、Magneto2

3、R-Comp

4、DeEsser

5、V-Comp

6、Vocal Rider

って感じかな〜

 

MIXの進み具合で変わる可能性もあるけど、

まぁ最初は↓な感じで。

 

 

ちなみに原曲は↓

 

この曲基本的には楽なんだけど、

(ギタリストが書いた曲なのにギター無いからね・・・)

 

ドラムで色々やりたいことがあるので意外とハマるかも・・・

ドラムにFuzzとファズとかね!

 

後この曲も仕上げておかないとマズいのか。

まぁAメロだけ書けば良いのまぁ楽勝かなと。

この曲雰囲気がに気に入ってるのでアルバムに入れたいのよね。

 

 

By.Otoya

 


色々作曲

今週は大量に曲を書かねば・・・

ジャンルや目的もバラバラなんで時間取られるのよね〜

(最近は一日平均16時間くらい作編曲してるな・・・)

なので公開できる”原曲"は少しずつUPしてこかなと。

 

まずは・・・

昨日てきと〜に2〜3時間で作った新曲のアレンジ違い。

 

ストリングス(violin×4、viola、Cello、contrabassの7本構成)とピアノ、Bellのみで音数少なめ。

原曲なんでいろいろめんどくさいトコはオミット。

(ベロシティやオートメーションは本チャンの時だけでOKでしょ・・・)

 

 


ロックなアルバム用に書いたハズなんだけどね。
ワタシはいったいドコに向かっているのやら・・・
まぁ曲なんていくらで書けるので問題は無いけど。

 

逆に仕事でドラマCDやゲームの劇伴やBGMを頼まれると、

こんな感じの曲はマッハで書けないと納期に追われて死にます・・・

 


続く

By,Otoya

 

 

 

 

 

今期一押しのアニメは”鬼平犯科帳”で間違いないでしょう・・・

ホントは時代劇のほうが良いんだけど・・・

何せ二代目中村吉右衛門の平蔵は至高!!

 

火付け盗賊改め方、長谷川平蔵であ〜〜〜る。

人生で一度は言ってみたい台詞である。


次のメイン曲02

とりあえずイントロのギターRec終了。

今回イントロはどう処理するか検討中・・・

 

 

他もさっさとRecしないとスタジオでリアンプのリアンプが押す・・・

 

次は、いつBassが来てもOKなように太鼓のパーツの音つくりもしておくか。

まずはキックから。

で、インサートの順番は、

1、Linear Phase EQ (waves) まだBassが決まって無いので未処理

2、Magneto2 (steinberg)

3、Kreamer PIE

今はこれくらいかな。

現状は後で必ず使うだろ!ってのを挿して時間短縮を狙うだけ。

やはり本番はRec終わってMIXに入ってから。

でも曲数が増えるこ〜ゆ〜下準備も重要。

 

 

By,Otoya

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

奏-Label Twitter

奏-Label チャンネル

奏-Works チャンネル

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


↓↓CD通販↓↓

↓↓パーツ、エフェクター通販↓↓

mobile

qrcode

others