変更〜

いや〜ジャケットデータ納品直前でデザイン変更・・・

バカなの!?!笑

 

まぁ全然余裕だけど今日はさっきまでmatutikaさんにTaiToさんにSAT氏と話してデザインを決めていたと。

数時間打ち合わせしながらの作業だけけどまぁ大半はど〜でも良い無駄話である・・・

でも作業は進むのである。

 

で肝心の変更はmatutikaさんの盤面が・・・

 

コレ↓から

 

コレ↓に

まぁ色反転だけなんで余裕ね。

 

でTaiToさんのほ〜は・・・

コレ↓が・・・

コレ↓に・・・

元型無しと!笑

曲のタイトルとかもギリギリまで変更の可能性があるのがウチである・・・汗

 

 

By,Otoya


違うんだよ・・・

最近ワタシがビグスビーをプッシュしてたんで仲間内でビグスビーの地位が向上!笑

でも・・・

フロイドより重いとか言われたり。

 

違うんだよ・・・

 

ブリッジ単体の重さは大差無いしヘタしたらビグスビーのほ〜が軽いんだよ・・・

ただ!

シンクロベースで進化したのがフロイドローズなんで、

シンクロ以上のザグリがボディに空いてるでしょ!

そのザグられた木の重さでビグスビーが重く感じてるだけだって!笑

 

例えば2キロのテレキャスターボディにフロイドかビグスビーを付けたと仮定した場合・・・

ブリッジは両方1キロだった場合はビグスビーでは純粋足し算で合計3キロ。

フロイドはザグリで500グラム彫ったとしたら500グラム分の引き算が入り2.5キロに。

こ〜ゆ〜事ですよ・・・

 

そしてペグもロック式じゃないと弦交換で半端無いストレスが溜まるのでロック式ペグの分も重くなる・・・

つまり

・・・・

・・・・・

・・・・・・

ビグスビーは重い!!って事で・・・笑

ヘッド落ち防止のカウンターウェイトや少し重いオシャレパーツ!!、

低域を削る物理ローカットフィルター!!とか思って使うのが良いかなと。

 

そしてレスポールにはルックス的に何があってもB5よりB7と!

 

アームとしての性能??

チューニングの安定性???

そ〜ゆ〜のは別のアームに求めて頂ければなと・・・

 

 

う〜ん

ビグスビーの良さを伝えようとしたら見た目以外無くね??とディスってる結果になった気が・・・汗

 

 

By,Otoya


磁化とストリングプル

弦交換で思い出したけど・・・

磁化とストリングプルって意外としらないギタリストやベーシストが多い。

ワタシ的には常識レベルの話なんだけど・・・

それはアンタがギターの専門家だからで普通はしらないよ!と言われるので書いておく。

 

ってなワケで今回は久々に最後までまともな内容のブログとなっております〜

 

まずは”磁化”について。

ギターの弦はスチールなので磁石にくっつく。

これはまぁスグわかってもらえると思うけど、

長くギターに弦を張って交換しないとPUから放出される磁力で弦自体が磁力を持つ事が。

これが弦の”磁化”ね。

当然出力が高いPUは低いPUより弦を磁化させる可能性が上がると。

ちなみに簡単な見分けかは磁石にくっつく小さな金属片とかを用意して弦に近づける。

でくっついたらOUTね。

(PUの影響を考えてネック側で試す事推奨)

 

弦が磁化してしまうと弾いた時妙な濁りと言うか、

ちゃんとチューニングは合ってるのにコードのサスティンが濁る・・・

なんてのは磁化の可能性を疑うべき。

問題は磁化は劣化ではないので時間が読めないし”弦が死んだ”と錯覚する場合もある事。

弦の材質により磁化しやすい物もあるし弦は導体で無いとエレキギターとして音が鳴らないので回避不能。

そして弦を変えてもわりと早い段階でなる場合もあるので注意が必要。

 

回避策は適正距離までUPを下げる!である。

 

フロントPUなんかは最終フレットを抑えた状態で弦との距離3mmは最低でも話すべき。

(EMGのように磁力が以上に低いものは除く)

これは”磁力の話”なのでハムでもシングルでも同じように起きる。

出力が低いシングルコイルだから平気!みたいな例外はないのである。

 

 

次はストリングプルね。

コレはそのまんま弦をプル(引っ張る)事の意味で、

アクシズで作られた強化人間の事では無い。

PUが弦に近すぎて磁力の影響でキレイな弦振動に必要無い揺れを足してしまってる状態。

やはりサスティンが濁るし磁化に原因にもなるので要注意。

 

まぁ何が言いたいかと言うと、

ギターのPUはEMGとかのアクティブタイプを除いたら弦との適正な距離があるので、

しっかり調整しないとと音が濁るよ!って話ね。

 

PUを弦に近づけると音が大きくなり良くなったよ〜に感じるけど、

弊害もあるのでPUを弦に近づけたいならそれを理解した上でやるべきかなと。

 

ちなみに今回は磁力が高いことでもトラブルだけど、

逆に”脱磁”と言ってPUの磁石から磁力が抜ける現象もレアケースだけど存在する。

 

フェライト(セラミック)は永久磁石だけど、

アルニコ(アルミ、ニッケル、コバルトの合金)は永久磁石では無いので経年劣化で磁力が落ちるまたは抜ける事が。

磁力の抜け具合が良い具合だと”枯れた”と表現されることがあるけど、

抜けすぎると着磁と言って磁力を付加する作業が必要な場合。

当然磁力が変わる=音も変わるので注意と。

 

 

By,Otoya


ギター考えないとね〜

とりあえず昨日のRecは夜起きてデータ納品も完了。

いや〜自分の曲で無いのは良いのだけど、

自分でエンジニアリングをしない曲のデータ納品はジャッジがムズかしぃ〜

まぁクライアントさんはOKくれたのでひとまず安心。

そして朝4時くらいまでクライアントさんと話してしまい今起きると・・・笑

 

正確にはYouTubeのアナタへのおすすめってのでバミューダトライアングルの水を抜く!

とかワタシ的には見ずにいられない動画を見てしまい寝たのは6時過ぎと・・・

(当然だけど海底鬼岩城も自動報復システムさんもなかったけどね!笑)

 

とりあえず依頼物が片付いてきたのでそろそろギターを考えてRec終わらせないとマズいので今日はそれを・・・

当たり前の話だけど自分の曲の作業がまだなんで依頼物は終わってから!ではスジが通らないので依頼物が先と。

そしてそれが原因で自分の曲に影響が出てもダメ。

依頼は責任と覚悟を持って受けるべし!!である。

 

 

とりあえずは7弦の弦交換からかな〜

ミディアムスケールなのにADADAGBEって変則チューニングなんで7弦は64・・・もはやベース弦である・・・

 

 

続く

By,Otoya


上手い事言ってるなぁ・・・

鳩山で思い出したけど、

昔飲み屋で先輩にコイツはホントに日本の癌ですよね・・・と言ったら、

いやいや、

癌細胞は調べれば癌で苦しんでる人の治療に役立つ!

なので鳩山は癌!!は癌細胞に失礼。

 

コイツは例えるなら包茎の皮!コレでしょ!と。

何の役にも立たないしあるだけで良くない事が・・・そしてあると嫌われる!笑

で対処方法は外科的切除のみ・・・と

まさに鳩山!!!って言われた。

 

今思うと上手い事言ってるなぁ〜笑

やっぱあの人頭良いなぁ〜

ワタシも見習わないとなぁ

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

recent comment

  • "KL Gather music Vol.2" ボカロCDコンピ第二弾の募集
    金澤 広行

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others