若干不安・・・

今日ESPのフラット僑靴鯒磴辰突茲燭韻鼻ΑΑ

これがちゃんと付くのか若干不安。

交換する竿がESPのオーダー品との事なんで自社物だから大丈夫でしょ!と思う反面ESPだしなぁ・・・と言う不安が!笑

まぁ最悪その場でサイズ違いでも組める準備をしておこうかなと。

所詮はエスカッション、

10分の作業が15〜20分になる程度の差なんで余裕でしょ〜

 

次はペダル。

最後のペダルであるディレイも今日完成!

テストも無事終了。

う〜ん良い光・・・

も〜文字は辛かったのでTIMEとか書かずにT!省略で〜笑

 

小型化のために電池内蔵はオミット。

 

後は念のためマニュアルを作成してプリントでまぁOKかなと。

 

電源も100〜240Vイン対応にしたので海外でも使用可能!

我ながら隙が無い・・・笑

 

とりあえず18日のリハまで念のため何度もチェックしておくと。

 

 

By,Otoya


おもろいばぁちゃん

今日は機材の部品やら何やらの買出しに。

秋葉原で歩いていたらベタベタしたカップルにタックルされる・・・

当然”痛ぇなオイ!ドコ見て歩いてんだゴルぁ!(怒)”と優しく注意するワタシ。

顔引きつりながら謝って去っていた2人の背中を見ながら思わず不細工な2人組だなぁ・・・と独り言を。

それを横で聞いてたばぁちゃんが・・・

”お兄ちゃん、

世の中は不細工な人のほ〜が多いんだよ”

と笑顔で話しかけられた・・・

 

う〜ん

このばぁちゃんおもしろすぎ!笑

 

 

By,Otoya


家庭でのDAWシステムの電源。

後輩繋がりでも〜1つ。

DAWシステムをしっかり組みたいので相談に乗ってくれと。

それは全然良いのだけど・・・

まぁ話してて頭悪いなと!!!爆笑

 

まず1つめの内容は・・・

誰かのオススメのラック電源を買ったと。

で、

色々な機材の電源の2ピンと3ピンで極性を合わせたいからど〜したら良いかと。

まずはPCの電源みたいな交換可能な3ピンを2ピンの変換して・・・

 

いやいや!

そこから違うでしょと!!笑

3ピンとはホット、コールド、グランドがちゃんと決まっているので、

それをわざわざ挿し間違えの起こる可能性がある2ピンのしてど〜すんのよ!笑

コールド側にマーキング??

素人はアナログテスターも持ってないだろから機器ごとの極性なんて調べられないでしょ!

(ワタシは行って調べてやるほど親切ではないぞと!笑)

 

けっこ〜最近は極性についてハンパに雑誌とかで聞きかじり試したがる子多いからメンドクサイ・・・

 

まぁ極論だけど・・・

コンセント変える!!

この松下のホスピタルグレードに変える!!

これが一番かなと。

まぁ1000円チョイだしね。

電気屋さんい交換頼んで変えてもらうのが良いかなと。

(勿論ワタシは自分でやってるがね・・・)

で、

そこで極性を合わせておけば3ピンなんで挿し間違えも無いと。

(元のコンセントの施工ミスが無ければ極性は合ってる)

アースが取れないならそこは配線しなくてもOKだしね。

(その場合はアース穴は逆挿し防止になると)

ホスピタルグレードなんで接点での劣化も減るのでオススメ。

ただ交換なんで賃貸物件でも原状回復出来るしね。

注意点はUL規格じゃなくJIS規格な!くらいかな〜

後は時分でやるならブレーカー落とせ!笑

 

本当に極性をしっかり知りたいなら検電ドライバーで調べることをオススメする。

今はマンションでも一軒家でも作る人の質が落ちてるので、

コンセントの極性が全て完璧とは限らない。

当たり前のことが当たり前に出来ない人間が増えてきているのが今の日本!!!

これ重要。

 

まぁこれは常識だと思うけどいちお〜書いておく、

コンセントは長いほ〜がコールドで短いほうがホット。

意味が分からない人は電源とか気にしないで生きようね!笑

 

 

あ!

最後にも〜1つ。

アダプターの極性を聞かれることがあるんだけど・・・

・・・

・・・・

・・・・・

無ぇよ!笑

例えば今の100Vインの9Vアウトみたいなもの中に整流回路が入ってるので、

コンセントにどっち向きで挿しても出てくる電気はかわらない。

(ちゃんと全波整流をしてる前提)

なんでトランス型でもスイッチング型でもアダプターの極性を調べたいなら分解して入力を見るとかしか無い。

アダプターの極性が気になるなら調べるより信頼できるアダプターを使うことが余程重要ね。

 

 

By,Otoya


最近ドコも甘いのかな〜

後輩が始めて現場に行ったらしいけどその感想が楽しかった!と。
ほぇっ!?マジかい??
最近のRecやリハやゲネの現場って甘いのかな?


ふと思い出してけど、
けっこ〜昔は現場で専門出たての子とか泣てるの見たなと。
何せ現場="プロがお金をもらい仕事をする場"との認識なので、
自分の絡んだ現場はまぁキビしかったね〜笑


今でも覚えてるのが、
専門出てはじめて現場に来た子が・・・


"○○の専門学校を卒業しました!今日が初仕事です!
色々勉強させて頂きますので宜しくお願いします!"
と挨拶。

 

先輩が・・・
あ?ここは"仕事"をする場所なんだよ・・・
テメーの勉強の場所じゃね〜から勉強してぇなら学校帰れボケ!!
と缶コーヒー投げつけてた記憶が・・・笑
まぁその新人のエンジニア志望の子いきなり半泣きだったもんなぁ・・・笑


90年代の武闘派系のバンドの現場こんな感じの多かった・・・笑
でもまぁこれは当たり前だと思うしたぶんワタシも同じ事言われたら同じ事する自信あるしww
(おそらく自分で覚えてないだけで確実にやってる思う)
ど頭からプロ意識やプロ根性を叩き込むのは凄く良いと思うしね。


ワタシも先輩たちもとにかく気が短いので、
何か任せたり頼んでもスグ出来ないと"あ〜もいい自分でやる!"ってなるので、
みんな楽器は色々出来るわ機材も自分で作るわの人が多い。
おかげで技術力は付いたわなと。


まぁ今で言うチームプレイみたいな助け合いも否定はしないけど、
自分で出来る事を増やした上での協力と、
自分が出来ない事を人に頼るのでは天と地ほど違うって10代で気付けたのは大きかったかな〜


まぁ何か一つに特化してるのは凄い事だけど、
それもハンパだと一つの事しか出来ないヤツ!って認識にもなるので、
ここらへんの匙加減ってムズかしいのよね。

 


By,Otoya


いつかはやらないと・・・

現在絶賛調整中のドミニオン改!

コイツには実は致命的な欠陥が・・・

設計したヤツの頭が悪かったのかホロウ構造がギリギリと言うか、

↓な感じでロックピンを固定する木部が信じられないほど薄いと・・・

10mm程度ね・・・大丈夫かジャクソン??

 

中で完全にロックピンのビスが飛び出してきていたので強度的に怖くステージでの使用は避けていたと。

で、

いつかは直さないとマズいとは思ってたんでそろそろマジメに直して使おうかなと・・・

で!!

アルダーの木片から補強材を削り出す。

厚すぎたら入らないし薄いとグラグラなんでしっかり34mmジャストに削り出す。

細かいトコは現物合わせで。

んでもって内部にタイトボンドで固定。

これで強度は問題無いでしょう〜

マスキングテープとラインはビスのガイドね。

 

接着補強で音変わる?とか思うかも知れないけど、

弾いててロックピンがもげるほ〜が深刻。

まさにトリアージ。

まぁメンドクサイ補修なんで二度とやりたくは無いかなぁ・・・

 

ついでにカットOFFスイッチを廃止してミニトグルに。

リアの強制ONスイッチ(タップも解除)なんで3回路必要。

でも3回路のミニトグルは見た事が無いので手持ちの4回路で。

コレは前は主にサスティナーのON/OFFで使ってた気がする・・・

サスティナーは基本Sugizoさん仕様で組むので基板のスイッチは外して使わないのでこ〜ゆ〜特殊パーツの在庫が増えると・・・笑

 

さて、

この強度の問題は設計が見直されて無いならマズいレベルだと思うけどなぁ・・・汗

ステージで暴れたら最悪ギター吹っ飛ぶぞ・・・

ホロウボディなんで吹っ飛んだら高確率で大破かなと。

怖い×2!笑

 

ついでに言うと導電塗料の塗りも薄く最低レベル。

はっきりってノイズ集めるアンテナになってる・・・笑

ホント導電塗料はしっかり塗って厚み出して導通させないなら塗らないで欲しいレベル・・・

これで25万程度でしょ?

アホか・・・

ハイエンドの高級品でもけっこ〜あるのでコレは、

中見て状態がわからない素人さんはホント可愛そうだよな・・・

高ければ良い!

一流メーカーだから何の問題も無い!!

ホントにそ〜だと良いけどね・・・苦笑

安物買いの銭失いならまだ笑えるけど3〜50万のギターでそれは笑えないと思うけどね〜

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

recent comment

  • "KL Gather music Vol.2" ボカロCDコンピ第二弾の募集
    金澤 広行

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others