ちょっとマジメに考え事を・・・

最近Dave氏との話で、

な〜んか最近寒くて運動してないから太ったよね〜

も〜バンドやるしかないでしょ!

みたいな。

ワタシ等2人にとってバンド活動=減量と言う認識で一致!笑

 

まぁせっかくなのでワタシギタボでもやろうかなと。

で、

それに合わせて1本用用意しようかなと・・・

 

まぁ竿はテレキャスで、

時雨のTK氏のテレみたいな感じで組もうかなと。

なのでフロントはモンスタートーンで確定!

モンスタートーンは昔から好きで年代別にストックしてあるのでね。

 

ただ・・・

問題はセンターやリアである。

まぁ今回はセンターは無しでOKとしても、

リアはフェンダーは使えない。

なぜならシェクターのPUはフェンダーとは逆位相だから。

 

なのでまぁダンカンとかを選択するのだろうけど、

リアは出来ればラクをしたいのでハムが良い!笑

でもS-H配線って正直余り音が好きでは無い・・・

 

なので・・・

いつもの1軸2連のボリュームを作ることに。

 

通常シングルは250Kのポットで

ハムは500Kのポットでが基本。

 

このポットの抵抗値が上がるほどハイが出るので、

ハムにはシングルより高い数値となる。

 

必然的にSH配列の場合はハムに合わせて500Kが使われるので、

シングル側の音は多少なりとも犠牲になると。

※S-S-Hとかのシングルの音が悪い!って言われる原因は基本コレである。

 

そこで1軸2連の出番!!!

1軸2連とは2つのポットが繋がっていて1つの軸で連動すると。

まぁ特殊部品ではあるけど裏技でなんとかなるのである。

 

まぁ500Kと250Kの2蓮で、

それぞれ2番3番にハイパスを入れて使うと、

自分用のSHとかは実は全部この仕様。

 

ついでなんでハイパスの値も書いておくと、

まぁ250Pから1000P以内が基本。

シルバーマイカとかMKTとか人気だけど、

昔のフェンダー臭を狙うならセラミック1択でしょ。

 

セラミックコンデンサも生産中止との話も聞くので、

興味のある人は買い置き推奨。

 

明日は部品が来るので電源動画作りを、

まぁこのテレキャスター製作はそれ以降に1軸2連の改造方法込みで続き書こうかなと。

 

 

By,Otoya


スポンサーサイト

  • 2018.10.22 Monday
  • -
  • 20:22
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

奏-Label Twitter

奏-Label チャンネル

>

奏-Works チャンネル

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


↓↓CD通販↓↓

↓↓パーツ、エフェクター通販↓↓

mobile

qrcode

others

PR