ま〜たMixしてきますか〜(2)

続き。

 

次の処理は琴。

まずは付点8分のパンニングディレイを50/50でインサート。

次はオートパン付点2分(素材により変わる)で振り幅40程度でその後S1で狭める。

(狭める幅は曲に合わせてだけど広くしすぎないのがコツ)

これも割りとワタシは使う設定。

この処理はステレオ素材でやりましょ〜

(Gソロなんかでも応用可能)

スペーシーな感じになりますよ〜

 

次はストリングス。

構成はヴァイオリン3本のヴィオラ1、

チェロとコンバスにファゴット、

さらに重ねで別の音階&音色のストリングスが1本。

この重ねのストリングスにのみモジュレーションをかけて雰囲気を変えると。

 

まずはヴァイオリン1〜3とヴィオラから。

配置はパンではなくS1で。

ここら変もいつもの感じね。

コレをやった後でバスに送ってさらにH-EQとS1でMS処理して混ぜていくと。

 

ストリングスは”群”なんで、

個別のヴァイオリンとかをダブリングとかで擬似的に増やすことでオケの編成を合成する事も可能。

 

でH-EQの設定はこんな感じ。

コンバスを入れているのでM成分の下は切る感じで。

まぁ元々エレキベースがいるので役割が近いコンバスはカットしても・・・となる場合もあるけど、

薄くでも入れてバランスを取ったほ〜が”らしく”なる事も。

 

で最後にまたS1挿すと。

このストリングスバス最後のS1はオートメーション用である。

例えば、

構成上最初のストリングスは少し狭い感じで最後のほ〜わガッツリ広げだるでぇぇっ!!って場合は、

S1挿しておくとWidthをオートメーションで書くだけで終わるのでラクと。

 

S1はプラグインと言うより卓のパンと同じ感覚で使うべきものかなと。

プラグイン!と思うから多用しないようにして結果広がりのコントロールが甘くなる。

そんな気がしまする〜

 

ちなみに現段階では空間系は一切まだ手つけていません〜ん。

元の素材のアンビだけでも意外と良い感じかも・・・

 

ってか空間系処理集中してやってたら終わってしまった・・・汗

後は歌入ってからオートメーションで全体の抑揚とか調整してMixは終了かな。

まぁとりあえず歌のRec用のオケとしてはまぁ及第点かなと。

 

 

By,Otoya


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

recent comment

  • "KL Gather music Vol.2" ボカロCDコンピ第二弾の募集
    金澤 広行

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others