ベースのリペア2

次は配線を。

まずは蓋開けて確認・・・

う〜ん

この点で色々突っ込みどころがあるのですが・・・

まぁ直していきましょ〜

 

 

で、

直しました!笑

まずボリューム交換を。

 

問題の1つは全ての配線がポットにあったのは良いのだけど・・・

1つに纏めすぎてて修理ではキツいのでワタシの場合は1〜2本ずつバラして半田付け。

これでも1点アースは変わらないのでトラブル回避として有効。

組む人の満足感よりトラブルに対処しやすい組み方が現場では好かれます。

 

で、

コレも大量に部品を在庫してない素人に多いことなんだけど・・・

ポットを止める菊ワッシャーが付いて無いと。

ナットを1つ外して平ワッシャーを2枚入ればOkなんだけど、

大量にボリュームとかを在庫していないと1つ買って来ただけでは足りないこともあるので、

こ〜ゆ〜トコで差が出ると。

もちろん全部修正した。

 

後はサーキットが固定されていなかったのも気になる・・・

普通はスポンジとかでキャピティ内で暴れないようにするんだけど・・・

まぁコレも今からスポンジ切り出して対処!

 

ここまでで1時間程度。

そこそこのペースかなと。

まだ腕は落ちていない!笑

 

 

後はまぁ裏パネのビス穴の面取りがされてなかったなのでやって、

力のかかる部分のネジ穴の強度UPと増し締めもしておくと。

組み込み修理はこれで終わりで次は調整(セットUP)である。

 

 

By,Otoya


ベースのリペア

ベースのリペアを頼まれたので作業を!!

物はコレ。

 

ウチの太鼓のDave氏の後輩でワタシも知らぬ仲では無い子なんで、

急だけどカッチリ仕上げてやろうかなと。

 

まずは一番の問題と言っていたロックピンのネジ穴崩壊から↓

コレはも〜一度丸い木材で埋めて穴を開けなおす!で対処。

 

まずはサイズを決める。

穴は4mm程に広がっていたので5mmで彫る事に。

で5mmで彫ったのがコレ↓

キレイになったと。

で、

5mmの木材で埋める。

固定にはみんな大好きタイトボンド!

でまぁ1日程放置かな〜

 

で・・・

今回の問題を1つ。

それはロックピンのビスの長さ。

上が元々のビスで下がワタシが使ってるステンレスの物。

ベースは重いのでビスが短いと力のかかり具合でネジ穴が崩壊する事があるので固定に使うビスは長いほ〜が良い。

細かい事だけどライブでのトラブルを考えたらやれるべき事は全てやっておく!

基本ね。

まぁ交換しておきましょう〜

とりあえず乾燥までの間にボリュームポットの交換をして後はセットアップと。

 

さっさと終わらせてRecに戻らねば・・・汗

 

 

By,Otoya


違うんだよ・・・

最近ワタシがビグスビーをプッシュしてたんで仲間内でビグスビーの地位が向上!笑

でも・・・

フロイドより重いとか言われたり。

 

違うんだよ・・・

 

ブリッジ単体の重さは大差無いしヘタしたらビグスビーのほ〜が軽いんだよ・・・

ただ!

シンクロベースで進化したのがフロイドローズなんで、

シンクロ以上のザグリがボディに空いてるでしょ!

そのザグられた木の重さでビグスビーが重く感じてるだけだって!笑

 

例えば2キロのテレキャスターボディにフロイドかビグスビーを付けたと仮定した場合・・・

ブリッジは両方1キロだった場合はビグスビーでは純粋足し算で合計3キロ。

フロイドはザグリで500グラム彫ったとしたら500グラム分の引き算が入り2.5キロに。

こ〜ゆ〜事ですよ・・・

 

そしてペグもロック式じゃないと弦交換で半端無いストレスが溜まるのでロック式ペグの分も重くなる・・・

つまり

・・・・

・・・・・

・・・・・・

ビグスビーは重い!!って事で・・・笑

ヘッド落ち防止のカウンターウェイトや少し重いオシャレパーツ!!、

低域を削る物理ローカットフィルター!!とか思って使うのが良いかなと。

 

そしてレスポールにはルックス的に何があってもB5よりB7と!

 

アームとしての性能??

チューニングの安定性???

そ〜ゆ〜のは別のアームに求めて頂ければなと・・・

 

 

う〜ん

ビグスビーの良さを伝えようとしたら見た目以外無くね??とディスってる結果になった気が・・・汗

 

 

By,Otoya


磁化とストリングプル

弦交換で思い出したけど・・・

磁化とストリングプルって意外としらないギタリストやベーシストが多い。

ワタシ的には常識レベルの話なんだけど・・・

それはアンタがギターの専門家だからで普通はしらないよ!と言われるので書いておく。

 

ってなワケで今回は久々に最後までまともな内容のブログとなっております〜

 

まずは”磁化”について。

ギターの弦はスチールなので磁石にくっつく。

これはまぁスグわかってもらえると思うけど、

長くギターに弦を張って交換しないとPUから放出される磁力で弦自体が磁力を持つ事が。

これが弦の”磁化”ね。

当然出力が高いPUは低いPUより弦を磁化させる可能性が上がると。

ちなみに簡単な見分けかは磁石にくっつく小さな金属片とかを用意して弦に近づける。

でくっついたらOUTね。

(PUの影響を考えてネック側で試す事推奨)

 

弦が磁化してしまうと弾いた時妙な濁りと言うか、

ちゃんとチューニングは合ってるのにコードのサスティンが濁る・・・

なんてのは磁化の可能性を疑うべき。

問題は磁化は劣化ではないので時間が読めないし”弦が死んだ”と錯覚する場合もある事。

弦の材質により磁化しやすい物もあるし弦は導体で無いとエレキギターとして音が鳴らないので回避不能。

そして弦を変えてもわりと早い段階でなる場合もあるので注意が必要。

 

回避策は適正距離までUPを下げる!である。

 

フロントPUなんかは最終フレットを抑えた状態で弦との距離3mmは最低でも話すべき。

(EMGのように磁力が以上に低いものは除く)

これは”磁力の話”なのでハムでもシングルでも同じように起きる。

出力が低いシングルコイルだから平気!みたいな例外はないのである。

 

 

次はストリングプルね。

コレはそのまんま弦をプル(引っ張る)事の意味で、

アクシズで作られた強化人間の事では無い。

PUが弦に近すぎて磁力の影響でキレイな弦振動に必要無い揺れを足してしまってる状態。

やはりサスティンが濁るし磁化に原因にもなるので要注意。

 

まぁ何が言いたいかと言うと、

ギターのPUはEMGとかのアクティブタイプを除いたら弦との適正な距離があるので、

しっかり調整しないとと音が濁るよ!って話ね。

 

PUを弦に近づけると音が大きくなり良くなったよ〜に感じるけど、

弊害もあるのでPUを弦に近づけたいならそれを理解した上でやるべきかなと。

 

ちなみに今回は磁力が高いことでもトラブルだけど、

逆に”脱磁”と言ってPUの磁石から磁力が抜ける現象もレアケースだけど存在する。

 

フェライト(セラミック)は永久磁石だけど、

アルニコ(アルミ、ニッケル、コバルトの合金)は永久磁石では無いので経年劣化で磁力が落ちるまたは抜ける事が。

磁力の抜け具合が良い具合だと”枯れた”と表現されることがあるけど、

抜けすぎると着磁と言って磁力を付加する作業が必要な場合。

当然磁力が変わる=音も変わるので注意と。

 

 

By,Otoya


PUセレクターノブ

さっきツイッターで書いた事の補足を。

 

ストラトやテレキャスのレバースイッチのノブが緩くて抜けるときの対処法をいくつか。

ビンテージギターでノブその物に価値がある以外の場合は、

スイッチをペンチではさみ多少傷を付けるのが効果的。

 

画像で説明すると・・・

まずこれが一般的に使われてるCRLのセレクターで赤丸の部分にノブがかぶると。

たまにこの赤丸部分をこの写真で言うと手前や奥に少し曲げる!とか書いてるアホがいるけど・・・

曲げる=スイッチを固定してる方向に負荷をかけて曲げる!になるので耐久力的に絶対にオススメ出来ない。

曲げすぎてノブそのものが入らなくなることあるし、

やるならペンチで傷!である。

 

やり方はこんな感じで・・・

 

傷の深さはこんなもんでOK。

 

ビンテージ物の対処法としては同じく下の赤丸部分に少量の瞬間接着剤を乗せる。

 

これは接着するというより瞬間接着剤で小さな突起を作りそこで引っ掛かりを強くすると言いますか・・・

基本的に瞬間接着剤は金属には付かないのであとで取る時も簡単と。

 

同じ感じで接着剤を使うなら2液混合型のエポキシ系接着剤もオススメ。

コレは慣れないと瞬間接着剤より難易度は高いけど・・・

瞬間接着剤は引っ張る力には凄い強いけど衝撃に弱い。

(例えるなら強い相手だと速攻逃げるけど弱い相手にはめっぽう強い姦国軍みたいなもんね)

逆にエポキシは衝撃にも強いのでPUセレクターの性質上出来るならエポキシが理想的かなと。

エポキシは完全硬化後なら割とキレイにはがせるので原状回復の面でも有利。

 

最近はエポキシは100円ショップとかでも売ってるけどオススメは・・・

”セメダイン ハイスーパー5”

コレ↓

混ぜてから5分で固まるし2液の色が違うので初心者でも混ぜ具合がわかりやすいと。

 

ってか100円ショップのとかはギターとかには向きません・・・

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

recent comment

  • "KL Gather music Vol.2" ボカロCDコンピ第二弾の募集
    金澤 広行

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others