リバーブあれこれ02

この前書いたリバーブの話の続き。

 

まずAメロで狭い空間、

よ〜わリバーブ感の無いリバーブを立てて、

サビでは派手目のリバーブにシフトしてく、

またはプラスしていくと。

 

切り替えではなく足していく場合、

いわゆる多重リバーブになるんだけど、

 

切り替えてく場合はAメロの空間が減衰していきサビで切り替わるので、

まぁ空間のクロスフェードと前回は書いたワケね。

 

 

(これを少し拗らせた後輩に言わせると、

スペースクロスフェード!!

ディメンジョンクロスフェード!

になるらしい。

 

恥ずかしいから人前では言ってはダメだよ!

と優しく釘を刺しておいた。

 

ちなみに叫び声のイメージは檜山修之さん以外は考えられないのは言うまでもないだろ〜)

 

 

まぁサビのリバーブは展開によりフェードかけずに急激に入ったほうがよい場合もあるので、

そこら辺はケースバイケース。

 

後あまり使われない技みたいだけど、

リバーブの前後に立てるプラグインでリバーブ音の位相を反転させるのも有効な手段。

 

wet音、

いわゆる空間の音のだけの位相を変えることで、

フェイズアウト効果で消える音が、

逆に音を広げたり邪魔な部分を消してくれたりと、

意外と便利に働いてくれる場合もあるからである。

 

これはキックとベースの関係とも近くて、

必ず位相を合わせなくても良い結果が出る事はあると。

 

まぁ"一般的に"って文言の資料はたいてい信用できない!がワタシの経験。

 

一般的位相は必ず合わせます!と書いてあると、

かたくなにそれを守る人がいるけど、

そ〜じゃねぇんだぞと!

 

これは後輩に言われて気付いた事だけど、

エンジニアの人は歌とかスグEQで良いポイント突いてるので、

やっぱ頭に入ってるんでしょうねとRecスタジオで言われた。

 

まぁ確かに頭に各パートの帯域情報は記憶してるけど、

Recしてる段階で録り音を作ってるワケで、

Mixはその録り音を処理するワケだから最初にポイントが見えるのは当たり前。

 

別に一般的な帯域だからイジるとかではないんだけど、

Rec→Mixってのが流れで理解できないと、

こ〜ゆ〜誤解が生まれるのかなと。

 

まぁマルチマイクでドラムをRecしたり、

スタジオで時間やお金の縛り無しでRecやMixをした経験ってのは、

やっぱ大きいなぁ〜とおもう今日この頃。

 

今抱えているMixが一段落したら、

前から作ってた自分のソロアルバムも進めるので、

そのMix工程を動画にして出そうかなと。

 

 

By,Otoya


Mixとトラック数

仕事でMixしてると100〜200トラックを超えることもざらに。

 

今回は何故トラック数が多くなるのかについて書いてみる。

 

わかりやすく例えれば・・・

 

1つのラインのギタートラックがあるとして、

AメロではクリーンでBメロでは歪でパンもそれぞれ違う場合は、

(Ampシミュを使うと仮定)

Ampシミュの切り替えに1つ、

パンで1つ、

ボリュームで1つ、

Send量の調整に1つって感じで複数のオートメーションが必要になる。

 

オートメーションを多用すれば少しパンやボリュームを変更しようとしても、

そのつどオートメーションを書き直す手間が生まれると。

 

なのでトラック数を増やすメリットは操作のしやすさかなと。

 

デメリットは信号の流れが複雑になるので

卓の信号の流れを熟知していないとかえって混乱すると。

 

なので卓の仕様や構造を理解していない人やアマチュアは、

トラック管理が楽になるようにトラック数が少ない傾向かなと。

(仕事でもない限り2〜300トラックが余裕で動くシステムを組むことは無いか・・・笑)

 

んなワケでワタシの経験上ではトラック数が多いほうが色々ラクであると。

だいたい昔のアナログの卓にオートメーションなんて便利なモンは無いしぃ〜

 

ちなみにトラック数が増えるとCPUに負荷がかかる訳でなく、

ディスクに負担がかかるだけ。

ここもも違った認識が多いかなと。

 

ネイティブ環境でトラックが増えてCPU負荷が増えたと感じるのは、

増やしたトラックにプラグインを立てるからである。

 

 

By,Otoya


Mixを頼む時の判断基準

昨日仲間内で話していた時に、

Mixを頼む時の判断基準の話が出たのでワタシなりのオススメを書いてみる。

 

※ワタシは"歌ってみた"はMixだと思ってないので、

今回の話に歌ってみたは含まない。

あくまでバンドものとかで商品を作る場合のお話である。

 

まず最初の判断は、

仮Mixを出してもらえるか。

 

いきなりオーダーではなく、

簡単で良いので先に頼みたい曲の素材で仮Mixを出してくれる方だと、

その後も安心して頼めます。

 

ってかこれ普通だと思うんだけどね・・・

 

※仮MixやラフMixは、

スタジオでRecからMixまでの仕事を経験してる場合は、

必ず短時間で出せるはずなので、

それが出来ない=商業経験無しと判断可能かなと。

 

 

で、

例えば・・・

ギターは抜けを重視でスネアはスナッピー強め!で頼んだ場合、

仮Mixで特定の帯域が飛び出てるMixと全体的に大人しいMixがあったとする。

この2のMixの場合はワタシなら前者に依頼する。

 

理由は簡単で、

例えばスナッピーを強調してMixした場合、

出すぎて削っても破綻する可能性は少ないが、

足りなくて足すほうだと大抵は破綻する。

 

なので最初に大きく出したいと指定した部分は、

あらかじめ削り前提で過剰に出てるほうが結果後でバランスが取りやすいと。

よ〜するに引き算のMixか足し算のMixかって事ね。

 

こんな感じで後の作業の時間や調整での破綻を考えられる人のほ〜が

余裕を持って作業できるので、

最初から当たり障りの無いキレイなMixを出す人よりは色々出来る可能性が高いと思う。

ってか経験上当たり障りの無いキレイなMixする人はそれしか出来ない人が多かったので・・・

 

まぁこれが全てではないけど、

今後も自分が仕事で人に外注で出す時の判断基準を思い出したら書いて行こうかなと。

ワタシのように仕事でMixをしてる側の人間が、

自分でやらずに"外注で出す時の基準"ってのはなかなかに面白いかなと。

 

あ!

後重要なのが、

使用機材やソフトが細かく記載されているところ!

これ重要。

 

よくMixは腕だ!機材に頼るな!とかアホ丸出しの意見を見るけど、

同じ腕なら機材の音が良いほうが良くなるし出来る事の幅も広がる。

 

Mixとは技術屋の側面も強い仕事なんで、

機材の質や作業DAWのマシンパワーを無視するのは愚かの極みである。

 

 

By,Otoya


リバーブあれこれ

ボーカルのリバーブ。

 

まぁ今回の曲の例って事で。

 

まずはアプローチは3つかなと。

 

1、ボーカルに1つのリバーブだけ立ててすます。


2、構成により複数のリバーブを立てて展開を作る。

 

3、1つのリバーブでオートメーションで展開を作る。
ちなみにリバーブは当然Sendで立てる。

 

1〜3全てにメリット/デメリットはあるけど

書くと長いのでそれはまぁ割合で。

 

 

で、

1はまぁ手抜き感があるので無しと!笑

 

2は複数のリバーブの"空間"がクロスフェードするので、
シンプルな構成でLive感を重視してるこの曲には個人的に合わない気が・・・

なのでまぁ3かなと。

 

やり方としては
例えばAメロではデッドな空間で、
サビに向かいオートメーションでパラメータを書いて
広がりを演出すると。

 

いわゆる"音場"のコントロールね。

 

リバーブにはその後ローカット用のEQで300hz以下全カット。

(このローカット用EQをMSにすることでより細かい調整が可能)

広すぎる空間を狭めるイメージャーを立てると。

 

ここで重要なのはリバーブ成分がドラムやギターより広いと不自然なのでね。

 

で、
このイメージャーの幅をリバーブのオートメーションに合わせて書くと。
よ〜わAメロではイメージャー狭め、
サビでは広めと。

当然これも広すぎたら逆効果と。

 

ついでにVoの4〜8Khzあたりを連動して突いて、
明るさを出すとか逆に削って暗くするなどやり方次第である。

 

 


基本的に音像を後ろに下げたい場合は、
高域を削って丸くするのが効果的。
ギターがToneを絞ると引っ込むのと同じね。


これらは全てボーカルだけでなくギターにも応用可能。

まぁアイディア次第かなと。

 

とりあえずマスタリングでよく引っかかるリバーブの低域は切っておけと。

 


By,Otoya


スネアの音の好みは千差万別

スネアの音の好みはドラマーさんごとに違うので、

Mixでは骨が折れるところの1つ。

 

ワタシ個人はバツン!!って感じの太くて自己主張しすぎなくらいのが好き。

 

でも抜けが良くカーン!って感じの音が好きな人もいるので、

好みは別として、

エンジニアは色いろな音を頭に入れておき、

なおかつその音になる処理方法を覚えておかないとダメね。

 

かんたんに言うとギターの歪と近いかなと。

ディストーション派の人にオーバードライブは違うと言われるが、

逆にオーバードライブ派の人にディストーションは違うと。

でも専門の人以外にはどちらも同じ"歪"の扱い。

 

 

ちなみに抜けるスネアにSENDでゲートリバーブとか使って

ニュアンスそのままで太くしたりとか、

技はいくらでもあるけどね。

 

あと、

打ち込みの太鼓の場合は分離が良すぎるので

タムのバスにSENDでコーラスとかをかけて馴染ませるなんて技も。

 

何にしろMixする時は自分の好みとか捨ててアーティストさんの要望に沿うもの出す!

そのために技術と知識を蓄える。

これが重要かなと。

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

奏-Label Twitter

奏-Label チャンネル

奏-Works チャンネル

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


↓↓CD通販↓↓

↓↓パーツ、エフェクター通販↓↓

mobile

qrcode

others