PCのお話(デュアルブート編)

ちょいとデュアルブートPCについて書いてみようかなと。

 

まずワタシの言うところのデュアルとマルチの定義から。

2つのプライマリにそれぞれOSを入れて物理的に切り替えるのがデュアル。

1つのプライマリをパテ切って複数のOSを入れて起動選択をするのがマルチ。

 

デュアルは昔からの方法で、

XPから7移行時代にプラグインが動かなくなるので使われていたのと、

Macで片方をブートキャンプでWin専用にして使い分ける。

が当時メジャーな使い方だった気が。

 

では本題に。

 

■メリット/デメリット。

 

1、SSD(HDD)が物理的に増える。

これは費用とケースのスペース、エアーフロー等に関係してくるので意外と軽く考えられないポイントかなと。

とくのHDの場合は大きさと発熱はしっかり考えるべし。

(電源を切り替えるので消費電流的には何も変わりませんので電源容量的には何も考えず今のままでOK)

 

2、SATEポートを1つ使うのでSATEポートが少ないマザーだと物理的に無理な場合も。

(最低でもSATEポートが6個以上のマザーが現実的)

 

3、OSのインスコや認証を最初2回やらないといけない。

(これ以外と・・・否!超絶ダルいです・・・)

 

4、SSD(HDD)の物理切り替えをど〜すっか??

(これが2017/02現在最大の問題かな・・・)

 

少し前にはアイネックスからHDD-SELなんて超絶便利な物が出てましたが今調べたら廃盤と・・・

(在庫でまだ2〜3個は未開封の持ってるなワタシ・・・)

 

後は今だと3R-HDCBOXSってヤツが売ってる唯一の物になるのかな?

昔のJUNS-PCに使われてたやつはコレだったかな?

(ただこのスペックでこの値段なら出来る人は自作したほうが良いかもね・・・笑)

 

機能的には単純に入力電源の切り替えだけなので、

5〜6回路2接点のロータリースイッチとある程度の半田付けが出来れば作れると思います。

(どちらが選択されてるかのLED付きで)

 

5、構造を理解して慣れるまで切り替えに神経を使う。

物理的に電源を切り替えているのでプライマリ切り替えは完全にシャットダウン中にしか出来ません。

起動中に切り替えると大変なことになります!笑

 

 

■メリットは・・・

1、ソフトの競合によるエラーの確率を下げられる。

無駄なキャッシュの蓄積も最小限に押さえれる

 

2、余計なソフトを入れない専用の特化マシーンに出来る。

専用機なのでエラーの解析や特定も楽

 

3、完全なスタンドアローンモードに出来る。

ウィルスソフトを入れないでよい&気にしなくて良い。

ネット遮断で作業!じつはこれが一番効率上がるかもね・・・笑

もしかしたらこれが最大のメリットかも・・・

(その場合はデバイスでLANを無効化)

 

4、万一何かで片方が死んでももう片方で作業継続が可能。

(OSは問題無くても入れてるソフトによってはソフトのみ再インスコが必要な場合もあり。)

 

5、不要なソフトを省けるので容量的にもプライマリを軽く出来る。

 

 

ちなみにOSの入ったプライマリ以外は共有なので作業ドライブや倉庫は何も変わりません。

ウチはプライマリとライブラリー1を切り替えているので2つのSSDが入れ替わるデュアル環境です。

 

 

■認証関係

OSの認証ももちろん問題ありません。

OSは複数のPCにインスコを禁じているのであって、

デュアルブートはあくまで1台のPCなので問題ありません。

同じOSを2回入れる場合、

同時に別のPCとしての起動が物理的に不可能なためあくまで1台で部品交換をしてる!

となりますし7と10のデュアルみたいな場合はそもそも2重認証問題そのものが無いと。

(構成変更で電話認証になる可能性はあります)

 

チャレンジアンドレスポンス認証のソフト場合はドライブごとにする必要がありますが、

ドングル系のUSBキー認証は両方とも普通に動きます。

 

ちなみにワタシはPci接続のUSBポートで↓のように内部ポートがあるものにドングルとiLokを挿して使ってました。

後ろにUSBキーを大量に挿すのは危険なので内部にしてます。

 

最新のマザーでPC組直したのでPciEしか使えずに今は別の方法を使っています・・・涙

そろそろPciは消滅していくでしょう・・・

 

 

 

 

1台のPCにメーカー違いのDAWやDTPソフトを入れるのはど〜も好きになれない。

ガチの仕事用は何がってもスタンドアローン!なので・・・

神経質と思うかもしれませんが、

ネットに繋いでるほ〜がCubaseでスタンドアローンはProToolsと分けています。

(なのでブログの記事は全部Cubase)

 

元々DAWは仕事用で万一の不具合からの納期割れは許されない!で組み始めたので、

バックアップも含めてのデュアル環境でもあります。

(片方のOSが飛んだとしてももう片方のOSが生きていれば再インスコの手間を一時的に棚上げ出来る)

 

ちなみにワタシの考え方の基本が↑の考えなので・・・

CubasとProToolsのライセンスは2〜3個持っています。

ドングルやiLokが万一壊れても差し替えで即復旧!!

修理の時間何も出来ないでは話にならないので。

 

無駄だとか思う方もいるかも知れませんが・・・

お金貰って仕事で企業とか相手にするならこのくらいは常識かなと。

いかなる理由があっても納期割れ=こちらが悪い!の現実は変わりませんので。

 

なもんで来るかもわからない万一に備えるぜぇっ!

って感じで安定性やバックアップも含めて興味がある人は調べてみても良いかなと。

 

 

そ〜言えばPCは頼まれてよく作りますが基本全部デュアルで組んでますわぁ・・・

今まで50台くらいか組んだかなぁ。

あまりに組みすぎてCPUグリス塗りとか、

お前は機械か!!って言われるくらい上手くなりました・・・

OCの最適化やCPUの殻割からのリキッドメタル流し込んで再固定とか・・・

簡易ではないガチの水冷システム(光るファンと絡めての見た目も徹底!)とか・・・

ケーブルも束ねるのが嫌でコネクター買ってきて専用の長さで自作とか・・・

 

後は冷却に異常なこだわりがあるので少しでも温度高いと何とかしなくては!とたなりまね。

(冷却にこだわるのはネクサス、LR病と呼んでいます・・・分かる人は分かるかなと・・・爆笑)

 

いつのまにか、

あれ?も〜あんたこれで食えるんじゃない?って言われるくらいには出来るよになりましたかね〜

 

PC組は本業では無いので仲間から工賃取るよな寒い真似は出来ないので、

蓄積されるのは知識と技術だけかなと。

(まぁそれが人生で一番重要なんだけどね)

 

 

後は最近ワタシの影響なのか洗脳なのか、

SSD&トラックボール以外の人が周りにいなくなってきた・・・笑

 

 

By,Otoya

 


1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others