前回の続き

MSのEQ処理によるぶつかり回避の応用でステレオイメージャーとの併用も有効。

なので今回はMSと広がりについて書こうかなと。

 

使うのは毎度おなじみWavesのS1。

 

まず広がりについての誤解から。

とりあえず曲は広がってればOKはハッキリってただの思考停止で頭悪い馬鹿の発想と思うべき。

 

特に素材の段階で過度の広がりはMix時の邪魔以外の何者でもない。

S1は広げるイメージが強いプラグインだけど、

逆に狭める事で音のぶつかりを回避してすっきりさせることも可能な有能なプラグインである。

 

超有名な使い方として、

ステレオ素材→S1でモノ化→リバーブとか、

ステレオ素材→リバーブ→S1でモノ化とかかなと。

これは試してもらうのが早いけど広がりと響きを細かく調整可能。

後はステレオ素材→オートパン→S1で狭めることで幅の狭い横の揺らしなんかも出来て便利。

 

後はS1はステレオ素材で初めからパンが振られた状態の素材を扱う時も便利。

こんなヤツね↓

(これはステレオのファイルで下の波形が大きい=R側にパンが振られていると)

この場合パン振りだけで思った感じなならない時はS1で狭めてからパンで調整で良くなる場合もあると。

 

 

昨日の補足だけど音が当たるのは周波数の縦軸での話が多いので、

広がり成分の一部がどこかと当たっているならソコだけでS1とかでピンポイントでオートメーションで回避!ってことも可能。

パン(横軸)でぶつかりを回避できるならそれで良いのだけど、

素材が多いとか複雑な処理が多い場合中々パンだけで完全な回避は難しいのでMSやステレオイメージャーの併用は有効かなと。

 

 

毎度最後にど〜でもいい話を。

アマゾンプライムビデオで色々なの見てたら、

ボトムズ、レイズナー、ドラグナーにバイファムを発見。

お〜懐かしい!と思ったけど全部DVD持ってんだよな・・・

ガラットはさすがに持ってないのでチョット嬉しかったかな。

 

 

By,Otoya


ちょ〜どイイから書くか〜

MSの話でも。

とりあえずWavesのH-EQとスタインバーグFrequency EQの使い方から。

Frequency EQはCubasePro9のバンドルなんでもし使って無いなら使ってみる価値はあるかなと。

 

まずはWavesのH-EQからで。

 

最初に赤丸のモードをステレオからMSに、

これでMS処理が出来ると。

 

スグ下のMの文字(オレンジ)が点灯中=ミッド成分にのみEQがかかる状態で、

緑のSが点灯中はサイド成分にのみEQがかかると。

 

MとSの真ん中のスピーカーアイコンはソロモニターで押すとMとSそれぞれ選択中のほ〜の音のみが確認出来ると。

(これがまた便利なんだなぁ〜)

 

スタインバーグFrequency EQの場合は下の赤丸の部分をST(ステレオ)かM/Sを選択すればOK。

 

Frequency EQはH-EQよりも新しいので8バンドEQでさらに各バンド毎にSTとMSの切り替えが可能。

 

両者ともにグラフィカルアナライザー搭載とまぁ設計概念は同じEQと。

(ってかスタバはパクっただろ!笑)

 

性能はたぶん後から出た分Frequency EQのほ〜が良いのかもしれないけど、

ソロ再生が出来ない(ワタシはやり方がわからないだけ?)のでWavesをメインで使ってると。

 

とりあえず重要なのはMSの処理の構造上モノラルトラックに使っても意味は無い。

(アナライザー変わりにはなるけどね・・・)

 

主な使い方としてはステレオで回避できない周波数のぶつかりの回避かなと。

例えば低域成分が多く集中してしるセンター部分だけ低域をカットするとかね。

通常のステレオEQの場合低域を切れば全てに影響が出るけど、

MSの場合はサイド成分のみ低域を残すことによりぶつかりを最小限にして厚みを出すことも。

応用でサイド成分のみをブースとして音圧を出す方法なんかもあると。

 

こ〜ゆ〜のは見たほ〜が早いんで、

とりあえずザックリやるとこんな感じかなと。

 

オレンジがセンター成分のEQラインで緑がサイドと。

これはマスターに挿して全体を広げる感じでかなと。

個別の楽器の設定の場合はまた少し変わるんでまぁ後は個人で考えてと。

(上の画像はあくまでワタシの曲での話ね)

 

個人的にオススメのMSはパワードジムとジムスナ兇如ΑΑΔ犬磴覆て、

やっぱWaveLeb導入かなと。

これはマスタリング作業中の画面だけど、

WaveLabの場合は完全にミッドとサイド分離して独立で処理出来るので自由度は高い。

もちろん本来MSに対応していないプラグインでもファイル自体が独立化しているので使用可能。

 

残念なのは安いElementsでは搭載されていない機能なんで導入するにはそれなりにコストがかかる事。

後はWaveLabはほとんど情報が無いソフトなんで堅気さんには最初使い方を覚えるまでが辛いかな。

 

 

By,Otoya


有効活用

今日も複数ディスプレイを有効活用しながら作曲をしていくぞと。

左の画面でアマゾンプライムの鋼練の劇場版を見つつ右の画面でMidiを打つと。

 

とりあえずサクサク書いていくと。

 

何か連休でみなどっかに行ってるみたいだけど、

そもそもワタシは締め切りさえ守れば毎日が連休の週休7日制で余裕で生きていけてるので、

この糞暑い中わざわざ出かける意味がわからない。

快適な環境での引き篭もり作曲モードである。

 

ちなみに出かけるのは夜中に飲みに行くか切れた酒を買いに行くかの2択・・・

これがこそが絵に描いたよ〜な完璧なダメ人間生活である。

 

ってか鋼練の劇場版途中まで見て気付いた。

コレ見たことあるじゃん・・・

 

ってなワケで見るのをビッグオー(これは見たこと無かった!)に変更して作業を続けると。

鋼練の時は3連の民族な曲を書いていたが、

ビッグオーになったらただのメタルになったと・・・

まぁよくある展開でしょ〜

 

 

By,Otoya


続きを。

ある程度固まってきて打ち込みもほぼ終了。

後は細かいリズムの確認と調整と。

ワタシの曲は細かくリズムの頭が変わる事があるので調整がけっこ〜大変なんだよね。

 

かなりデモよりイジったんでまぁイメージは変わったかなと。

歌メロのカウンターになるストリングスや隠し味の琴追加とかね。

 

後はリズムにもう一癖ほしいかな〜

悩む。

 

後、

最近ギターで曲書き始めてもピアノ入れるとピアノメインになる傾向が。

やっぱピアノは4歳からやってる最初にはじめた楽器だからってのがあるのかな〜

 

 

By,Otoya


中々大変だな・・・

制作ファイルの行ったり来たりははある程度進むまではけっこ〜ダルい。

 

これが作曲状態で・・・

 

これが平行してOKテイクだけぶち込んだMix状態。

見た目はそんあ変わらないけど音はやっぱ全然違うのである。

 

 

そしてギターをちゃんとRecするために少し調整を。

この大量の鑢はナットファイラーとフレットの処理用の物。

ゲージ変えたりするときはナットも掘りなおしてジャストに調整するんで意外と手間がね。

この鑢が10〜130まであるんでギターだけでなくベースも必要に応じて調整すると。

ナットだけで今まで1000本近くは彫ってると思うのでも〜馴れたもんだけどね〜

 

今回はRecの後スタジオでリアンプなんでそれも写真付きで説明してこ〜かなと。

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others