逆上Mix(6)

とりあえず音的にはOKでたので最後の仕上げを。

全体のダイナミックスをオートメーションで各楽器毎に書いていくと。

Wetの広がり具合とかも全部書くと。

で最後は歌のダイミックスをオートメーションで書いていくと。

 

次はハモリを切り刻んでブレスを全部カット。

メインに対してジャストより若干レイドバックするように手動で調整していくと。

まぁ言うまでも無く糞メンドクサイ&細かい作業なのでこの作業中のワタシは超絶機嫌が悪いと・・・笑

うかつに何か言おうものなら高確率ですぐブチ切れます!笑

 

まぁオートメーションはだいたい終わったのでまぁ後は吐いてみて確認修正でTDは終わりかなと。

ちなみに今回の曲はオートーメーション書き込みはかなり少なめ。

 

それが終わったらトレイラー用のショートVerを別で作ると。

 

で、

そのショートVerがコレ↓と。

 

 

By,Otoya


ダメじゃん・・・

テレキャスにレスポールの位置のよなスイッチを付けてるけど、

後輩でテレキャス使ってる子につけて欲しいと言われた。

 

う〜

付けるのはやぶさかではないけど正直付けてど〜すんの?笑

ワタシのは3PUで5Wayセレクターなんでリアの強制ONスイッチは便利だけど、

普通の2PUのテレに付けてもね・・・

”ちなみにワタシは”リアの強制ON”として組んでるけどフロントでもセンターでもハーフトーンでも組める”

仮にダイレクトスイッチとして付けてもテレはあのコントロールを通過するからあの音になるワケで・・・

とまぁそんなワケで色々考えてみたけど唯一まともに使えそうなのがハム化スイッチかなと。

スイッチONでPUセレクターに関係なく2のPUが直列になると。

ただ・・・

スイッチポットでも可能、

まぁスイッチポットは機能的に論外としてもライバルにフェンダーの4Wayスイッチがあると・・・

この4Wayスイッチが優秀でね〜

F、F+R(並列)、F+R(直列)、Rの4ポジションで、

配信の仕方で上の組み合わせを好きなポジションに設定可能と。

 

う〜やっぱダメじゃん!笑

加工してまで付ける意味を見出せない・・・

跳ね返り(モメンタリー)スイッチでミュートスイッチとか、

押してる間だけミュートされるカットOFFスイッチとかも組めるけど、

やっぱ今一つパっとしない・・・

 

 

By,Otoya


逆上Mix(5)

風邪も治ってきたしギターの改造もほぼほぼ終わったのでやらないといけないMixを。

 

う〜ん

順調・・・笑

 

とりあえずボトムは終わったので上物の処理を。

まずはアコギ(Rチャン)とクランチArp(Lチャン)の基本バッキングから処理。

コレは良くやる設定なんだけど、

こんな素材の場合はリバーブは使いまわさずにSENDで専用を立てる。

まぁインサートでも良いんだけどSENDで立てたほ〜が音像コントロールがラクなのでSENDで。

設定は↓

やっぱ左のArpの残響が右から聞こえたらおかしいので広がり過ぎないように調整と。

これは右もしかり。

ただリバーブのパンを変えても細かく調整できないのでこれまた毎度おなじみの”S1”先生に活躍していただくと。

で、

Dryカットで空間のみを作りこんでいくと。

コレの意味がわからない人はステムの概念を勉強しなおして来い!!と。

(Dryカットの重要性は前にブログに書いといたけどね)

 

次はストリングスの処理!!とか思ったら・・・

SATさんストリングス途中若干スケールアウトしてるトコあるやないですか・・・汗

修正出来ないので元あったものを破棄→全部作り直しと・・・

まぁコレはそれこそ仲間内だから出来る芸当。

依頼だと勝手に修正は出来ないしそもそもやらないから!笑

 

とりあえずいつものヴァイオリン3のヴィオラ1のチェロとファゴットで。

ちゃんと全部タイミングやベロシティは細かくやると。

で前に書いたS1で音場を作っていくと。

 

イントロのモノラルのラジオぽい感じのトコはWetだけ広がってておかしいので・・・

やっぱそれもS1かな〜

3パラを同時にオートメーションで動かしたら上手くいった。

 

ってなワケで”逆上”仮Mix完成。

これで全体像がOKなら細かいオートメーション地獄に突入と・・・

まぁ今週通にトレイラーは公開できるかなと。

問題が起きなければだけどね・・・汗

 

 

By,Otoya


逆上Mix(4)

とりあえず緊急のMixは一段落で後はまた素材が来たらと言う感じで。

ちなみに今回の緊急のMixは画像付きでUPしなかったのは自社案件(ウチのLabelの内部の案件)では無いからである。

さすがに何であれ無許可で画像を乗せたりは職業仁義に反するのでやりませ〜ん。

正確には職業倫理か・・・?

 

で、

メタル系のMixをしてたらウチの”逆上”もも〜少しメタリックなと言うか重い太鼓にしても良いかな??

と思えてきたのでやっていこうかなと。

まぁさすがにもう決まった太鼓の音色を根本的に変更は出来ないでしょ?

と思うかもしれないけど・・・出来るんだよね今の時代は〜

まぁワタシのブログではちょこちょこ出てくる”Triger2”である。

 

元々は仕事で生ドラムのRec後に音色変更やパーツのレイヤー用に入れてあるプラグインなんだけど、

打ち込みでも後で音色変更やレイヤーに使えて非常に便利。

 

とりあえず複製したキックトラックに直書きで皮鳴り音を上書きしてくと。

で元のトラックと位相を合わせていけばOk。

そしてらバランスを取りながらバスのトータルEQで調整。

もちろんベースとの関係性を考えて調整すると。

念のためアナライザでの確認も忘れずに。

まぁドラムリプレイサーは糞マニアックなプラグインなんで万民受けはしないだろうけどね。

 

 

By,Otoya


エンジニアリングのすすめ

最近はテクノロジーの向上で一昔前のプロスタレベルの作業がそこそこの投資で家でも出来る時代に。

なのでバンドをやってる人は是非自分でMixをしてみる事をオススメする。

これはMixエンジニアを目指せ!では無くあくまで自分のためにね。

Mixする事でその曲の自分以外のパートの動きがより客観的に見れるし、

外部の依頼でMixをする場合上手いプレイヤーさんならその演奏単体で聞けるので凄い勉強になる。

ギタリストやピアニストはホントMixは勉強の価値ありかなと。

 

特にまだ10代とかなら絶対やっておいて損は無いかなとMixして思った今日この頃。

 

 

By,Otoya



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

奏-Label Twitter

PickUp!!

YOUTUBE

ニコニコ動画

Sound Cloud

selected entries

categories

archives

recent comment

  • "KL Gather music Vol.2" ボカロCDコンピ第二弾の募集
    金澤 広行

links


通販 & DLサイト

mobile

qrcode

others